全国を車中泊旅した私のおすすめ車中泊お風呂セット5選

※本ページはプロモーションが含まれています※

トットマン
この記事を書いた人
・地方国立大卒、臨床検査技師免許所持、1996年生まれ27歳男性、現在は大学院にて研究生活
・春は旅行、夏はダイビング、秋はソロキャンプ、冬はスキーを楽しむアウトドアマン
・Xフォロワー1,000人(2024年6月現在)
  • 車中泊時のお風呂セットがほしい!
  • どんなものを買えばいい?
  • 経験者さん、教えて!

車中泊は宿を決めずに自由に行動できることもあり、人気の旅行方法。

しかし、旅中の入浴は常に近辺の銭湯かシャワールームで済ませなければならず、また濡れたタオル等を乾かす場所も限られている。

そのため、車中泊旅に適した持ち物の準備をすることはとても大切だ。

トットマン

私は学部生時代に、車中泊しながらの北海道一周や九州一周などで、全国各地を車中泊旅してきた

あわせて読みたい
【旅行記】大学3年の夏休みに、車中泊しながら北海道1周した話~1日目&2日目~ 皆様、ごきげんよう。私の名はトットマン。現役大学院生である。 これは車中泊しながら北海道一周を達成した、私の体験記である。 今回は1日目&2日目。長野県松本市か...
あわせて読みたい
【旅行記】大学4年の卒業旅行で、車中泊しながら九州1周した話~1日目~ 皆様、ごきげんよう。私の名はトットマン。現役大学院生である。 これは車中泊しながら九州一周を達成した、私の体験記である。 今回は1日目。長野県松本市から福岡県新...

今回はそんな私から、車中泊におすすめなお風呂セットの紹介をしていく

結論をまとめると、以下の通り。

スクロールできます

体を拭くタオル

体を洗うタオル

トラベルボトル

サンダル

温泉バッグ
商品名MIZUNO(ミズノ)スイムタオルブルーム なめらかホイップ ボディタオルTAYOTTE トラベルボトルKOCOTA サンダルONEPLE 温泉バッグ
ポイント速乾性バツグン乾きやすい&泡立ちやすい注ぎ口がデカいのがポイント滑り止め、大事メッシュタイプがおすすめ
Amazon
価格
(税込)
1,320円1,510円1,499円2,280円1,588円

\ クリック /

\ クリック /

\ クリック /

\ クリック /

\ クリック /

順に解説していく。

目次

選ぶポイント

それぞれのグッズを紹介する前に、まず簡単に私が思う選ぶ際のポイントを記していく。

とにかく「速乾性」&「機能性」重視

先述したが、車中泊では限られたスペースでの生活が余儀なくされるため、それ相応の対策が必要。

トットマン

中でも私が重要だと考えているのは、「速乾性」「機能性」

お風呂関係のグッズはビショビショになる事が多いため、速乾性は特に重要。

その上で、小さく折り畳めたり軽い素材であればなおGood

以上の観点でグッズを選ぶことをおすすめする。

車中泊におすすめなお風呂セット5選

体を拭くタオル

速乾性最強レベル

最初におすすめするのは、MIZUNO(ミズノ)スイムタオル

トットマン

その名の通り水泳用のタオルなので、速乾性はバツグン

デメリットを上げるとすれば、バスタオルのような包みこまれる感覚はないため、人によってはやや物足りなさを感じるかもしれない。

しかし、ただでさえスペースや機能が限られる車中泊で、ふわふわのデカいタオルを使用するのはあまりおすすめしない。

場所を取るだけでなく、乾きにくいため衛生的にもあまり良くはない。

その点、MIZUNO(ミズノ)スイムタオルお風呂から上がった後、首にかけて数分もすればすぐ乾く

乾いた後も小さく折りたたむ事ができるので、機能性もよし

車中泊に限らず、旅行の際は必ず重宝するグッズなのでおすすめだ。

体を洗うタオル

乾きやすい&泡立ちやすい

次におすすめするのは、ブルーム なめらかホイップ ボディタオル

トットマン

体を洗うタオルは、体を拭くタオル以上にビショビショになるため、速乾性はめちゃくちゃ大事

ブルーム なめらかホイップ ボディタオルのような肌触りの良いタイプのものは、空洞が多い繊維でできているのでめっちゃ乾きやすい

さらに、綿のタオルに比べて泡立ちが段違いに良い

むしろ綿のタオルは乾きにくい上に全然泡立たないため、体を洗うタオルとしては全く不向きである。

また、先述したように肌触りがとてもいいので、敏感肌の人にもGood

トットマン

私も生まれつき肌が弱いので、こういう繊維のものは非常にありがたい。

車中泊とは関係ないが、ブルーム なめらかホイップ ボディタオルはとうもろこし繊維でできているので、廃棄する際は土に埋めるだけで微生物が水と二酸化炭素に分解してくれ、環境にもよい。

私生活でも十二分に使えるグッズなので、おすすめ

トラベルボトル

注ぎ口デカめのやつがおすすめ

次におすすめするのは、TAYOTTE トラベルボトル

トットマン

利用する温泉によっては、ソープ類がおいていない施設があったりする。

また、備え付けのものではなく自分好みのソープ類を使用したい方もいるだろう。

こういったとき、TAYOTTE トラベルボトルのような小分けできるタイプのボトルは非常に便利。

百均のトラベルコーナーに行けば透明な小さめの小分けボトルがよくおいてあるが、TAYOTTE トラベルボトルのいいところは注ぎ口がデカいこと。

入れる際のストレスが軽減されるのはもちろん、出す際も便利。

注ぎ口が小さいと、出すときにちょっとずつしか出ないので意外とストレス。

トットマン

注ぎ口がデカいほうがむしろ使い勝手が良いのでおすすめ。

↓のような大容量のものを買っておき、ボトルが空になりそうなときに補充するのがよい。

トットマン

ちなみに、シャンプー・ボディーソープボトルの1プッシュは約3mLと言われている。

つまり、TAYOTTE トラベルボトルの60mLボトルであれば(1日1回の利用で1プッシュ相当を使うとして)20日はもつし、100mLのボトルであれば1ヶ月以上もつ。

持ち運ぶ他の荷物・車中泊する期間も含めて、選ぶとよいだろう。

サンダル

滑り止め、大事

次におすすめするのは、KOCOTA サンダル

正直サンダルなんてなんでもよいとは思うのだが、

トットマン

少なくとも滑り止めがついているものを選ぶことをおすすめする

お風呂上がりは自分自身が濡れているだけでなく、施設周りは下が何かと濡れていることが多い。

また、冬の時期は積雪もあったりする。

特に下り坂のある温泉施設の場合、滑り止めがないとけっこう怖い。

KOCOTA サンダルであれば滑り止めがしっかりついているし、抗菌作用もあるので衛生面もGood。

こちらも私生活でも使えるグッズなのでおすすめ

温泉バッグ

メッシュタイプがおすすめ

最後に紹介するのは、ONEPLE 温泉バッグ

トットマン

これまで紹介してきたグッズ等をまとめて入れるためのものだ。

こちらも正直なんでもよいとは思うのだが、選ぶのであればメッシュタイプのものがおすすめ

濡れたとしても水はけが良いので乾きやすいからだ。

特に、ONEPLE 温泉バッグであればメッシュタイプである上にわりと頑丈な作りになっているため、浴場内に持ち込む事が可能

浴場内でなくても、シャワールームに持ち運びたいときも大変便利。

旅行だけでなく、海水浴でも重宝するのでおすすめだ。

まとめ

今回は、車中泊をする際に便利なお風呂グッズを紹介してきた。

スペースや機能が限られる車中泊では、何を持っていくか」「どんなものを選ぶか」といった事前の作戦がとっても大切

特に、お風呂は旅の疲れを癒やす重要なイベント。

本記事を参考にしっかりとした準備をされ、快適なカーライフをお楽しみいただきたい。

↓本記事で紹介したおすすめグッズはこちら↓

スクロールできます

体を拭くタオル

体を洗うタオル

トラベルボトル

サンダル

温泉バッグ
商品名MIZUNO(ミズノ)スイムタオルブルーム なめらかホイップ ボディタオルTAYOTTE トラベルボトルKOCOTA サンダルONEPLE 温泉バッグ
ポイント速乾性バツグン乾きやすい&泡立ちやすい注ぎ口がデカいのがポイント滑り止め、大事メッシュタイプがおすすめ
Amazon
価格
(税込)
1,320円1,510円1,499円2,280円1,588円

\ クリック /

\ クリック /

\ クリック /

\ クリック /

\ クリック /

よかったらシェアしてね!
目次