【ブログ】リゾートバイトは稼げない?働いてみた私が解説

※本ページはプロモーションが含まれています※

トットマン
この記事を書いた人
・地方国立大卒、臨床検査技師免許所持、1996年生まれ27歳男性、現在は大学院にて研究生活
・春は旅行、夏はダイビング、秋はソロキャンプ、冬はスキーを楽しむアウトドアマン
・Xフォロワー1,000人(2024年6月現在)
  • リゾートバイトやってみたい!
  • 稼げないって聞くけどホント?
  • 実際に体験した人の話が聞きたい!
トットマン

私は大学4年次の夏休みに長野県蓼科のホテルで2週間住み込みバイトをした

夏の沖縄、冬の長野などのリゾート地で住み込みをしながら働けるバイト、リゾートバイト

食費・光熱費が浮くうえに、空いた時間にタダでアクティビティを楽しめることもあり、長期休みのある学生等に大人気なバイトだ。

これからやってみたい!という方も多い中、実際に体験した人の体験談は貴重。

中には「リゾバは危ない」「稼げないからやめとけ」などのネガティブな意見もあり、どれを信じるべきか悩ましいところ。

そこで今回は、実際にリゾバ.comを使ってリゾートバイトをやってみた私が「リゾートバイトって稼げないのか?」をテーマに記していく。

これから始めようという方の参考になれば幸いである。

リゾートバイトを始めるならリゾバ.comがおすすめ。

リゾバ.com より

リゾートバイト派遣会社として歴史があり、信頼できる

私もリゾバ.comを利用させていただいたが、対応してくださった方が非常に親切でとてもよかった。

また、案件数も業界トップクラスなのでご自身のニーズにあった勤務先を選びやすい。

ぜひ参考にされたい。

\ 案件数No.1! /

目次

リゾートバイトって稼げないの?

結論、「結構稼げる」。

先に結論からぶっちゃけると、結構稼げる

実際に私が働いたのは2022年の8月16~30日の15日間

待遇としては、時給は¥1,100(当時)朝昼晩賄い付き温泉入浴OK交通費支給(~¥20,000)といった感じだった。

ちなみに3日に1回お休みの日があり、また午前休 or 午後休の日があったりしたので、15日間フルで働いたわけではない。

結果としていただけたのは¥94,921だった(情報保護の観点から明細の公開は控えさせていただく)。

トットマン

金額としては、「まぁこんなもんか」と思った。

ただ、この15日の間の食費・光熱費がタダで、勤務先(ホテル)までの往復交通費も支給される

この間の支出がかなり抑えられたので、「実質的に」という意味で結構稼げた。

といっても、皆様気になるであろうことは、業務の内容

額面上稼げたとしても、業務の内容がキツすぎて割に合っていなければ元も子もない。

なので次項からは皆様の参考にさせていただくべく、私が実際に働いていた当時の様子を振り返っていきたい

※派遣されるホテルや時期によっては、異なる勤務体系になることも。あくまで参考程度に読んでいただければと思う。

\ 案件数No.1! /

私のリゾバ体験談

生活について

場所は長野県蓼科にあるホテル

私がお世話になったのは、長野県蓼科にある個人経営のリゾートホテル(情報保護の観点からホテル名は控えさせていただく)。

標高の高いところにあることもあり、空気が非常に澄んでいて気持ちのよい場所だった。

経営体系としては、支配人のおばさんが基本1人で切り盛りされていて、繁忙期の時期だけ助っ人としてシェフのおじいちゃんが手伝いにくる感じ。

他は私のようなリゾバからの派遣できた人や支配人の知り合いの伝手で来た人たちでやりくりしていた。

トットマン

実際、私が行ったときは同じくリゾバで来た大学生の女性と支配人の知り合いの高校生が来ていた。

滞在中はホテルの1室(個人部屋)で生活

住み込みで使用させていただいたのは、ホテル内の1室。

個人部屋だったし、なにより勤務先であるホテル内のお部屋だったのでギリギリまで寝られることもあり、超快適だった

トットマン

さらに、業務終了後には館内にある温泉を自由に使えたのもありがたかった。

食事は朝・昼・晩すべて用意された

食事は朝・昼・晩、すべて出た

朝は支配人がパンと簡単なおかず(目玉焼きとかソーセージとか)、それにコーヒーを淹れてくれた。

昼・夜はシェフのおじいちゃんが簡単な料理を作ってくれた。

支配人はフレンチ料理が得意で、おじいちゃんは中華の料理人だったこともあり、どれもとっても美味しかった。

トットマン

特に、最終日にシェフが本気で中華を作ってくれたのが一番の思い出

最高の晩餐だった。

業務内容について

ホテル内の清掃

メインのお仕事は、ホテル内の清掃だった

本当に色んなことをしたが、超簡単に言えば「チェックアウトされた部屋をチェックインできる状態にする」お仕事。

部屋のごみ捨てはもちろん、水回りの掃除やベッドメイキング、タオルの交換など盛りだくさん。

さらに、このホテルは本館のお部屋とは別に8人まで泊まれる二階建てのコテージが4棟もあり、しかもコテージに関しては犬OKという仕様。

実際のコテージ↓。

トットマン

特にベッドに付いた犬の毛の処理がすっごい大変だった。

それをバイトで来た我々3人でやりくりしていたので、なかなかハードではあった。

ただやることがいっぱいあった分、暇になる時間帯が比較的少なく、時間が過ぎるのが早かったのである意味ラクだった。

お食事の準備・片付け

他の業務としては、朝ご飯と夜ご飯の準備と片づけ

朝ご飯は、支配人が作る朝ごはんセットを手伝い(すっごい美味しそうだった)、コテージまで運ぶ。

夜ご飯の際は、キッチンで皿洗いをする日もあればホールをすることもあった。

また、コテージではBBQもできたので、その準備・片付けをすることも。

トットマン

ちなみに前述したが、支配人はフレンチが得意な方だったので、お料理はどれも超本格的。

とても美味しそうだった。

勤務時間について

基本、午前は10時~14時頃、午後は17時~21時頃

基本的には、午前は9時頃にキッチンに行って朝食を済ませた後、10時頃からお仕事開始

そのまま14時頃まで働き、お昼休憩

午後は17時頃から始まり、終わるのはだいたい21時頃だった。

といっても、すべての日がこのサイクルで動いていたわけではなく、朝ごはんの当番のときは朝7時頃にはキッチンに行っていたし、午前 or 午後が休みの日もあったりした。

夜ご飯は皆で食べていたのと温泉が使えるのが22時以降だったので、寝られるのはたいてい23時頃だった。

ちなみに、私は車で勤務先に向かったこともあり、休みの日・時間帯はドライブをしたり山登りをしたり、バイト仲間と街まで買い物に行ったり、湖畔を散策したりして楽しんでいた

\ 案件数No.1! /

トットマン

この内容でこの待遇なら、結構稼げているのではないだろうか?

最後のご判断は読者の皆様に委ねたいと思う(笑)。

まとめ

今回は、リゾートバイト経験者である私が「リゾートバイトは稼げないのか」というテーマで論じてきた。

トットマン

個人的には、リゾートバイトは結構稼げると思う。

また、稼げるだけでなく色んな人との出会いやオフの日が楽しかったりするので、全般的にみてリゾートバイトはおすすめ

これから始めてみたい方はぜひ、チャレンジしてみていただきたい

リゾートバイトを始めるならリゾバ.comがおすすめ。

リゾバ.com より

リゾートバイト派遣会社として歴史があり、信頼できる

私もリゾバ.comを利用させていただいたが、対応してくださった方が非常に親切でとてもよかった。

また、案件数も業界トップクラスなのでご自身のニーズにあった勤務先を選びやすい。

ぜひ参考にされたい。

\ 案件数No.1! /

よかったらシェアしてね!
目次